ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

先日、美容室でシャンプーの時に

初めて担当してくれた女性がこう私に尋ねました。

「シャンプーの強さは今より 強いほうがよいですか?弱いほうがよいですか?」

「では少し強めにお願いします。」と言いながら

素晴らしいなあ・・と思いました。

普段なら「シャンプーの強さはよろしいですか?」と聞かれます。

よいですか?と聞かれたら

悪いとはいえない。

でも、強いほうがいい?弱いほうがいい?という二つの選択制だと

どちらかを答えやすくなる。

そう感じました。

ところで、シャンプーの時に顔にガーゼをかける慣習は

いつから生まれたのでしょう。

とても日本らしい”おもてなし”です。

以前、美容室の接客研修に入った際には、このガーゼの厚みについても

指導したことがあります。

息苦しくてもダメですし、かといって透け透けでは目隠しの意味がありません。

結果その美容室では、目の部分は2重折り、口元は1重で統一されました。

素晴らしいおもてなしです☺

それでは!

コメントは利用できません。