ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

公園の小さなお花見の準備でしょうか。

地域の方の踊る心が伝わってきます。

年度末でとても忙しい気がしませんか?

年始年末と同じく、TERMの切り替わりなのでそう感じるのでしょうか。

先日、自宅の棚扉の裏に貼っている手紙の中から

風化したセロテープが剥がれて、1枚

ハガキが落ちてきました。

亡き祖母の手紙です。

学校教育を十分に受けられなかった時代の祖母が

一生懸命書いてくれたもの。

読んでいると、書いている姿が想像できます。

結局、手紙というものは

誤字や文法などどうでもよい。

大切なのは伝えたい想いなのだと

痛感します。

コメントは利用できません。