ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

過去に、数件の猛烈な匿名の苦情をもらったことがあります。

パーティで呼んだゲストが気に入らなかった方からの

”どうしてあんな人を”クレームでした。

最初に気づいたのは社員で

「これ・・同じ人が書いていますね。ココ、書き方同じですよ。」

指摘されて読むと確かに。

たて続けに来た手紙は便箋やメールなど種類の違いこそあれ

同じ方が書いたのではないかと思わせる文言の一致がありました。

「書き方の癖」です。

文章には自分でも無意識の”オリジナル”があるようで

つい最近もそんな書き癖のある文章に3人(3件)出会いました。

まず「、」の付け方

例)私は、自転車に乗る。・・・必ず主語の後に「、」をつける


次に「。」の付け方。検定試験の文章問題で付き始めたため

作成者が代わったのではないかと思っています。

例)~は次のうち、どれでしょう。

1.言葉。

2.文字。

3.手帳。

・・・・・・・・・・・・・・・単語の後ろに「。」をつける


さらに「。」に癖がある著書

例)私は自転車に乗る. ・・・「。」の代わりに「.」をつける


いずれも文法上は誤りだと思うのですが、

名は体を表す、ならぬ 癖は体を表す ですね。

「私らしさ」ととるか、「私が書いた証拠」になるか

句読点の打ち方一つでも大変興味深いなと感じます。

コメントは利用できません。