ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

ワインの話です。

 

昨晩、20年来お世話になっている方と

ワインの資格者が偶然3名揃ったので、ということで

🍷ご馳走してくれました。

 

「ジュヴレ・シャンベルタン2013(造り手:ジャン・マリー・フーリエ)」

写真を撮り忘れたので、こちらがフーリエさんのワインです

(添付画像はローヌ地方のボトルです)

 

2013年のフランスはたしか、酷暑でしたが

開けた瞬間から、香りが開いていたので、全員でのけぞって喜びました。

暑さ(で熟した)かな。

 

そのせいでしょうか。意外なことがありました。

 

ジュヴレシャンベルタンというのは村の名前

フランスのブルゴーニュ地方の北よりにあります。

ナポレオンが愛したワインもあって、その村のワインは

酸味もありながら力強いものが多いのですが、

 

開口番に全員で

「ジュヴレシャンベルタンというよりミュジニー系の香りだね!」

と驚いたのです。

ミュジニー(シャンボールミュジニー村)は

2つほど南にある村です。

 

私自身の経験でも、村の特徴といえば

1983年のシャンボールミュジニー。造り手は忘れましたが

ほどよく熟したイチゴの香りが、一つの物差しになっています。

 

昔話に花が咲いたり、趣味のクレー射撃の話を伺ったり

狩猟で死にかけた話を聞いたり

楽しいひとときでした。

ご馳走様でした!

コメントは利用できません。