ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

うさぎ うさぎ

何見て 跳ねる

十五夜 お月様

見て 跳ねる

 

旧暦の8月15日は十五夜です。

今年の十五夜は新暦で10月1日

10月2日に完全な”丸”になりますので

2日間楽しめるお得な年です😊

(📋月の満ち欠けは29.5日で一巡するので少しずつズレが生じます)

 

十五夜は中国からやってきた風習です。

古来、月の満ち欠けでカレンダーを作っていた(太陰暦)人間にとって

月は欠けても また復活する 憧れの存在でした。

 

満月の明るい月は

カラオケも”スポッチャ”も バーもない時代に

宴を催す 絶好のイベントだったことでしょう。

 

クレオパトラも 織田信長も ブッダも

私と同じ月を見ていたと思うと 感慨深い。

 

ちなみに、10月29日は十三夜(旧暦の9月13日)です。

こちらは日本生まれの月祭りの日。

両方の月を見ることが 粋だったそうです。

 

10月1日は4日後です🌚

コメントは利用できません。