ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

昨日のことです。

マスクをして以降、なかなか皮膚トラブルが治らなくて

皮膚科(二軒目)へ行きました。5年ぶりの訪問です。

 

受付は混み合っていましたが、事務の方のテキパキとした様子は

とても印象がよく

 

途中で入ってきた緊急の高校生、足をくじいて包帯を巻いています。

引率の先生が、保護者(保険証)が来ないと受付できないのでしょう。

「診察は何時までですか?」と聞くと

受付締切ギリギリなのに「大丈夫ですよ!」と

時間を告げず、ただ「大丈夫ですよ」と言うのです。

 

(すごいな~)

帰りたい、閉めたいけど時間は気にしないでね、って・・

なかなか出来ないことです。感心しました。

 

診察室へ入ると、世代替りかな? 若い先生でした。

しっかりと目を見て聴いてくれる、その先生は

帰り際に「替わったんですね。」と声をかけると

「そうなんです。」と替わった時期まで教えてくれました。

そして「ご挨拶が遅れて申し訳ありませんでした。」と言うのです。

丁寧な受け応えに少し驚きました。

 

さて、会計時

受付の方にお礼を言うと

思いがけず返事が返ってきました。

 

「ありがとうございます」

「こちらこそ」

 

『こちらこそ』

ありがとうに、こちらこそありがとうというお返事を

もらえたことが何度あっただろう?

 

『こちらこそ』

とても気持ちの良い言葉ですね。

 

今回の病院は

それぞれの持ち場が ”仕事”と割り切らず

”使命”や”責任感” あるいは”お役に立てれば”

という思いで働いているのではないかと、感じました。

コメントは利用できません。