ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

むかしのことです。

習っていたフランス語の先生が

日本の素晴らしいところと、おかしいところを

教えてくれたことがあります。

 

素晴らしいのは「運動会」

ファミリーまで集まって、皆で体操やダンスを披露する会は

フランスにはないのだそう。

 

そしておかしいのは「夏休み」

休みなのに宿題が大量に出る。

学校に「それは夏”休み”ではないですよね?」と電話したと

言っていました。

確かに😎

ものすごく納得してしまいました。

 

 

さて。昨日、絵本を頂きました!「ガスパールとリサ 地球を救う」

(日本では「リサとガスパール」と呼ばれています。なぜだろう?)

 

フランスのものは、終わりかたが いかにもフランス!と感心しますが

それはさておき・・

こちらは、日本の休みのあり方を考えさせられるシーンから始まります。

 

「(直訳)今日、マダム バラディが環境について教えてくれたの。

“みんなの小さな行いが大事。

ヴァカンスが終わったら、地球にどんな優しいことを

したか説明してくださいね。”」

 

ああ・・

こんな学習がフランスは

子どもの自主性や独創性を育むのだなあ。

コメントは利用できません。