ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

講師業の細々とした作業

見積りや請求書の発行、シラバスを作ったりレジュメの作成

収支計算、テスト作成、打合せ、勉強

雑貨を引き出しに収納したり・・・

たくさんの仕事があります。

それが苦になると 続けていくのは厳しいかもしれません。

 

遠い昔

まだ幼稚園に入る前だったので、4歳とか5歳だったのか。

 

みかん箱ほどの小さな化粧台を母がくれました。

無垢の木のようなズッシリとした重いキャビネット風で

扉や引き出しがたくさん付いている。

それでいて、おもちゃのドレッサーとは違う”本物”

幼い私には、入れる物も大して何もないのに

ブラシやメモ帳やお人形など、ありったけの宝物を入れて

ただただ開け閉めする。だけで楽しかった。

居間の隙間に、

ちょうどその化粧ボックスと私が入るだけの空間を見つけて

ずっと遊んでいました。

初めてできた自分だけの部屋。そう思っていました。

 

あまりに狭い場所にいるので、母がどうしたことかと

嘆く音まで 鮮明に記憶に残っています。

 

きっとその頃から、私はちっとも変わっておらず

細々したことが好きなんですね。

 

 

 

襲いかかるような作業を解決しながら

ふと 昔のことを思いだしました。

 

コメントは利用できません。