ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

癒やされる色が集まっていました。

「紫」は落ち着く色ですね。

 

飛鳥時代に聖徳太子が定めたといわれる「冠位十二階」の

位の高い色は「紫」、次が「薄い紫」でした。

今でも紫は慶弔両方に使える色ですし、

衆議院の解散時は紫色の袱紗に包まれた”解散文”が

うやうやしく運ばれてきます。

 

なぜ紫が貴いか?

ヨーロッパではシリアツブリガイと呼ばれる腸汁を採取して

紫の色を作っていたようです。

1gの紫を作るのに、貝が900個(諸説あり)必要、

そのせいで絶滅寸前だったとか。

 

・・・と書いていたら、級にラベンダー色の服がほしくなりました😅

コメントは利用できません。