ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

昨日、クリスマスローズを頂きました。

ありがとうございます!

 

今日は病院で研修がありました。

(顔を見せずに入るのは いかがなものかな・・)

入口でためらったのですが、準備してあったマスクを着用しました。

案の定、エントランスから入れません。

「発熱のある方は保健所へ連絡してください」といった案内から

消毒液の設置、呼び鈴が置かれていました。

 

夕刻の誰もいなくなった院内。研修室のドアを開けると

窓を大きく開けて換気していました。

少人数で受講する方もほとんどの方がマスクを着用、

テーブル上に消毒液などが置かれていて

危機管理の徹底ぶりが印象的でした。

 

雑談で「マスクは足りているんですか?」とお聞きすると

「備蓄がありましたから。でもあと1ヶ月くらい(で無くなる)ですね。」

とのこと。

持っているファイルを見せていただくと

「ペーパータオルで作るマスク」という資料でした。

既に無くなった後の対策を講じているようです。

 

責任者の方が「既にコロナ対策はしていますが

全員が一度かかるくらいしないと、この不安感は収まらないでしょうね。」

とおっしゃっていました。

たしかに・・。専門家らしい言葉だと感じました。

 

病院名は状況に配慮して伏せさせていただきます。

コメントは利用できません。