ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

多くの学校では

自分の成績に対して不服があった場合に申し出るシステムがあります。

 

少し前のことですが、前期の定期試験、

学校を通じて問い合わせがありました。

成績評価を振り返ると、完全な私の転記ミス。

成績優秀な学生にもかかわらず、低い点数で出していたのです。

驚いて、猛省し、学校を通してお詫びしました。

二度とそのようなことがないように対策も講じました。

 

後期に入って、彼女はまた私の選択科目を受講してくれていました。

第1回目の講義で直接お詫びできましたが、

それから15回の講義が終わって1月。

最後の講義のあと、改めてお詫びとお礼の手紙を書いてお渡ししました。

どうしてもきちんと謝りたかったからです。

 

その夜。

1通のメールが届きました。

このホームページを探して、わざわざお礼のメールをくれたのです。

 

誰にでも直接 ダイレクトに繋がる時代

こんなとき、とてもありがたく感じます。

コメントは利用できません。