ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

今日は旧暦「1月1日」「満月」です。

ペリー来航前の日本は(1872年12月3日まで)

月の満ち欠けを基準にしたカレンダーを使っていました。

日没が1日の始まりだったので、きっと今頃は

祝宴後の”いい感じ”だったに違いありません。

📋明治6年新暦(太陽暦)開始とともに一日が深夜0時スタートになりました。

 

温故知新。

旧暦を調べるとき、

私は常識というものが ”常ならん”と感じます。

例えば、一夫一婦制はキリスト教の影響から日本に浸透しましたし

結婚が両性の合意によるものになったのは昭和20年(憲法)です。

5月5日の端午の節句は女の子の行事でしたし

縄文時代の平均寿命は14.5歳(後藤眞氏「日本人の平均寿命の変化」より)

元服(成人)は13歳~16歳頃と言われています。

 

自分が正しいと思う事柄も、時代によって大きく違う。

そう考えると、

どんな事も ちょっとだけ寛大に

受け入れられるようになります。

自分の”正しい”だけに捕らわれず、大きく生きたいものです。

 

📋余談ですが・・・なぜ”月”だったのか?

太陽のほうが昇って沈んで。一日が分かりやすくない?

いえ! 月は形を変える、しかもだいたい30日で一巡するので

日数を数えるには月のほうがむしろ最適だったのです。

コメントは利用できません。