ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

シクラメンの花

 

お見舞いには贈れない(死・苦)を連想させる花

とはいいますが、水やりさえ間違えなければ

冬の部屋を長く明るくしてくれます。

我が家には久しぶりの登場で、一日に何度も目をやり

葉の隙間に蕾を見つけては、進む道を作ってあげながら

見事だなあ・・と見惚れるのです。

 

眺めて、突然

遠い昔の記憶が思い出されました。

 

小さい頃、祖父母の南向きの居間に

冬の季節になると大きなシクラメンが飾られました。

温かな部屋に咲いた 大きな鉢植えのシクラメン

 

祖母が 何気なく花のほうに 膝を向け

元気のなくなった花を見つけては

根元から潔く ポキッと茎を折るのです。

 

時折、蕾を 邪魔する葉を見つけては

また根元から ポキッと折る。

 

そんな光景を何度眺めたことでしょう。

 

人間の脳の神秘に 感謝しつつ

愛でる追憶の花

 

コメントは利用できません。