ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

 

裏千家の薄茶手前の稽古が先日、無事終了しました。

冬になるとまた違う手前になるので、その前に

先生から合格のお言葉をいただきホッとしています。

 

そして、20年ほど開いていなかった着物を取り出しました。

母の残していた着物類です。

定期的に防虫剤は入れていたのですが

たたみ方が上手ではなかったようで、折りジワが変な所に

入っていました。

一枚一枚取り出しては1週間ほど吊り干し

部屋に入ると ふわりと 防虫剤の香り

今は青色の単(ひとえ/ 6月の時期)がぶら下がっています。

 

これは?いつの時代のもの?

何の柄???

祖母も母も他界した今、どのようなものなのか

聞ける人はいなくなりました。

 

手入れにも 謎解きにも

少し時間がかかりそうです。

 

コメントは利用できません。