ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

「ノーベル化学賞」を受賞した吉野彰氏が

インタビューでこんなことをおっしゃっていました。

人が到達できたのは、ごく一部にすぎない。

まだまだ将来できることはたくさんある。

 

大災害の後、浸水被害に遭われた方の

「自然には敵わない」という言葉と重なって

人があまりに小さい存在なのだと感じずにはいられません。

 

せめて・・車1台分の充電で家2日分の電気。

一刻も早く、人も環境も救う「リチウム動力」の時代になりますように。

いえ、もしかしたら10年後は

そうなっているかもしれない。そう思いたいです。

 

余談ですが、日本人受賞者のノーベル賞授賞式は

プロトコールを学ぶ”教材”にもなります。

ご夫妻がどんな服を着て、どんなお食事なのか・・・

今から楽しみです。

 

 

コメントは利用できません。