ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

な、な、夏が戻ってきましたか😅?

 

佐伯市役所のバスク化構想「マナー・プロトコール研修」

第3回目は国旗掲揚時のルール、各宗教礼拝のマナー、伝統文化についての講座でした。

今日は佐伯市城南中学校の三年生がインターンで市役所に来ていて

1時間、研修に参加してくれました。

 

神社の参拝方法の説明のあと、

質問はありますかと訊くと手をあげてくれました。

「手水舎の水を使うとき、流れているものと溜まっている水と、どちらがよいですか?」

まっすぐ手を伸ばして質問してくれる、素晴らしいです。

 

手水舎の水は、神に会う前に身(心)を清める という意味があります。

日本書紀でも「”あの世”から帰ってきた神が川で自分を清める」といった表現が出てきます。

水や塩には神事に欠かせない、浄化の役割があるようですね。

清める気持ちが大切

その点では流れているものでも、溜まっているものでも

どちらでもよいのかもしれません。

 

流れ口のある手水舎であれば、そこから柄杓で受けて手と口を清め、

溜まっている場合(冠婚葬祭の斎場や茶事の手水鉢など)は

そこで清めてはいかがでしょうか。

 

参考 神社本庁 参拝の方法

 

 

コメントは利用できません。