ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

職場体験を目前にした

別府市立青山中学校の二年生に「マナー講座」を行いました。

 

体育館が思いのほか暑くて、私が一番ダラダラ汗をかきましたが

生徒の皆さんも先生方もいつもと変わらずに聴いてくださる・・。

本当にすごいです。

 

さて この時期になると、様々な企業で

制服や体操服姿の生徒を見かけます。

みなさん、真剣で真面目に取り組んでいますが

働いている大人の立場からすると、いかがでしょうか?

あまり頼めることがない、現実があります。

結果的に生徒さんがずっと立っているだけだったり

あまり仕事を与えられない・・ということがありませんか。

 

たとえば私自身、もし職場体験に来てくれた生徒がいても

難しいエクセルの仕事は任せられないし、資料整理一つでも

知らないとできない整理もあります。

また頼んだら頼みっぱなしでもいけない。

様子を見て教えたり、フォローしたりすると

時間が取られて大変なのだと容易に想像できます。

 

 

あるとき、私自身、上司に後輩指導について

こんなことを言われました。

「自分でやるほうが楽。でもそれでは人は育たない。

教えるよりも大変なのは、待つこと。我慢すること。」

 

子どもを受け入れるとき、大人はそんな懐の大きさも

もっていたいものです。

 

青山中学校の二年生の皆さん!たくさんの学べると良いですね✨

頑張ってください!!

 

コメントは利用できません。