ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

佐伯市役所のブランド推進課事業の一環「東九州バスク化構想」

マナー&プロトコール研修 第2回目が行われました。

 

今日は席次をクイズ形式にしたり、テキストの「挨拶と紹介」を参考に

自己紹介をしたりと和気あいあいと進みました。

 

帰りに、質問がありました。

「お店の和室、床の間が出入り口側にある場合、

下座と上座はどうなりますか?」

通常、床の間があるほうが上座(かみざ・じょうざ)ですが

出入り口が床の間の隣にある場合を「下座床(しもざどこ・げざどこ)」と言い

(茶室などの場合を除き)上下(かみしも)が逆になります。

この図の場合は出入り口(床の間)側が下座の扱いになります。

 

ただ、今回質問のあった和室は

反対側にお庭もあるということなので、

お客様にどちらか心地良いほうをお選びいただくのも

良いように思います。

 

お庭が見える位置を上座 としたり、

あくまで出入り口から遠いほうを上座としたり

お客様のご希望が一番ではないでしょうか。

⚠どちらに上位の方がお座りになったかで

サービスの順番が変わりますので、理解して

和室から立ち去ることも忘れずに🍀

 

コメントは利用できません。