ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

あっと声をあげるほど美しい夕暮れの飛行機雲

突然ですが「鶴」。

鶴は縁起の良い鳥ですが

中国では葬儀を連想させる。

亡くなった人の魂が鶴に乗って帰ってゆくから。

 

この話を昨日、ふと不思議に思いました。

日本の言い伝えの多くが、昔の中国からのもの。

鶴が日本で縁起の良いものならば、

きっと中国でもラッキーな鳥ではないか?

なぜ葬儀を連想??

 

今日、解決しました😊

別府の冷麺店「六盛」で 偶然隣に座った女性が、

日本語が分からずメニューのことを聞かれました。

しばらく英語で会話していると、彼女が

「中国からきた観光客」だと分かりました。

 

チャンス!思い出して、訊いてみたのです。

彼女の答えは青字です。

・中国では最も良い数字は「8」は、∞(無限)という意味か?

いえ、8はget rich(金持ちになる)という意味があります

・では、4は?

4はdeath(死)という意味で良くない数字です。

 

・鶴は日本では縁起の良い鳥。中国では葬儀を連想させる?悪い鳥?

いえ、中国でも縁起の良い鳥です。

亡くなった人がgo to heaven 天国に行く(西に天国があるという考え)のに

鶴が運んでくれる『駕鶴西去』

「駕」には「乗り物」という意味があるみたい。

 

ということでした。

鶴は間違わずに天国に連れて行ってくれる鳥 なんですね。

 


イラスト いらすとやさんに許可をいただいております

コメントは利用できません。