ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

我が家では四六時中 テレビ📺がついています。

 

興味のあるものしか見ないという選択肢ではなく

なるべく多くの情報(雑学を含む)を受け入れる。

ほとんど見ていませんが・・。

 

すると時々、急に耳に飛び込んでくる情報が

”知りたいスイッチ”を押すことがあり、勉強になるんです。

今日もこんな話が流れていました。

 

のしは「内のし」がよいか、「外のし」がよいか?

解答は

気持ちを全面に出したいものは「外のし」(イラストのとおり)

と言っていました。

入学祝い・出産祝い・結婚祝いなど→「外のし」

快気祝い・内祝い→「内のし」

お見舞い→のしなし

 

なるほど!

しかし、この話は”絶対”ではないように思います。

なぜなら・・・そもそも

1 熨斗(のし)の意味

海産物のアワビを熨したもの→長寿やお祝いの象徴

のし飾り

 

2 水引(みずひき) 紅白(その他の色)のひも

昔、中国から持ち込まれた品に紐が付いていたのを

贈答ラッピングと勘違いした ※諸説あり

水引(イメージ図)

3 白い紙→掛け紙(懸け紙)と言います

贈り物に清浄な白い紙をかける という意味

掛け紙(弔事用)水引は黒白

 

1~3の全部に名前と意味があるのです。

そして1~3が昔からの贈答のしきたりであり

その他は 適宜考えてすれば良いということです。

 

というわけで、

・ブライダル業界では「内のし」の式場が多かったり

(紙袋にたくさんの贈答品を入れる場合、「外のし」にすると掛け紙が破れるから

便宜上、包装紙内側に掛け紙を入れ込む。)

・相手に掛け紙が付いている、一目で表したいときは「外のし」など

適宜 決めてもよいのではないでしょうか😊

 

余談ですが・・・こんな嫌な話を聞いた事があります。

『大変著名な政治家の奥様から、贈り物を頂いた。

掛け紙(いわゆる「外のし」)を外して、包装紙を破ると・・・

内側になんと!掛け紙(いわゆる「内のし」)が付いていて

違う人の名前が入っていたんですよ💢』

⚠頂いた贈り物。掛け紙が内側に付いていたとは知らず

奥様が”頂き物を使い回した”・・・という話でした。

せっかくの贈り物も、逆効果・・・ですね💦

コメントは利用できません。