ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

今日は海の日の祝日🌊

大分は良い天気になりました☀

夜更かしをしてジョコビッチとフェデラーのウィンブルドン決勝を観たので

寝坊し、午前中が消えました😅

 

 

さて

7月15日はウランバーナでもあります。

📋ウランバーナ・・古代インドの言葉(サンスクリット語)「逆さに吊された苦しみ」

ものすごーく簡単に言うと

『餓鬼道に落ちた人たちを救うために供養する(仏教行事)』日なのです。

あるとき、弟子の一人が亡くなった母を透視すると

餓鬼道に落ちて苦しんでいた。そこでお釈迦様に相談すると

『7月15日に修行を終えて戻ってくる僧達に飲食(おんじき)を

与えれば、餓鬼道に落ちた亡き母も含め皆を救済できる』と説いたそうです。

 

7月13~16日は旧暦でお盆にあたりますが、

このおの言葉、ウランバーナから来ているのです。

📋あて字を付けたのが「盂蘭盆会(うらぼんえ)」

 

日本に入ってくる課程で、中国の影響を受けて

仏教もまた日本流に進化し複雑になりましたが

供養する=盆 という意味は変わらないのかもしれません。

 

現在、お盆は月遅れの8月13日からのところが多いので

この時期にお盆と言われてもピンと来ないでしょうか?

 

興味のある方はぜひウランバーナについて

調べてみてくださいね。

 

コメントは利用できません。