ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

先日、肩の痛みに耐えかねて

マッサージに行きました。

ふと知りたくなって「どのくらいの年齢が多いですか?」と聞くと

意外な答えが返ってきました。

「高校生とか多いです。」

 

え?高校生が?

 

そうなんです。

子どもも疲れている

 

中学校でも、小学生でさえも

「1時間目から寝ている」

「授業になると眠くなる(これは別の意味もありますが)」

学習に身が入らない・・という話を耳にします。

 

年齢を問わず

現代社会はみんな疲れているんですね・・

 

私は、学校教育にも昼寝を取り入れるべきだと考えています。

既に取り入れている学校では学力向上効果が上がっています。

 

昼寝のススメ

私の場合、午後の長い授業では

2~3割が眠気と戦っているとき、休憩時間を早めて少し足して

昼寝を勧めます。

 

15分~16分ほど

窓際の照明だけ 少し暗くして

扇風機を回して涼しくし

「勉強したい学生は続けてくださいね」と言い残し

静かにしてあげます。

 

起こす時は少しだけ苦労しますが

立ってストレッチをしたり、動作のあるような講義をすると

昼寝をしない場合と比べて表情が良くなります。

 

 

誰だって どこかで緩い時間を過ごしたい ものですよね。

 

コメントは利用できません。