ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

以前、ある学校で

資格試験対策講座を受け持ったことがあります。

かなりハードな日程で授業を行わなければならず

苦しみながらも、進めるしかありませんでした。

 

一部の学生は成果は上がらず

結果不合格者を15%ほど出すことになりました。

もちろん、学生自身の努力不足もあると思います。

けれど頑張るように導けなかった私の責任は大きい。

 

検定が終わって、授業がなくなったので

学校に5分の許可をもらって、そのクラスへ行きました。

 

全員合格できなかったこと。

厳しい時間数だからこそ、何か他に方法がなかったか?

効果的な授業ができず反省していること。

心を込めてお詫びをしました。

皆さんには生かせないですが、きっと次の学生には

改善して臨みます。

 

 

翌年、その時の学生の一人と再会しました。

たわいもない話をしていると、一つ、仕事のお願いをされました。

私に、その仕事は縁遠いものだったので、

丁重にお断りすると、

 

「いいよ!先生、あの時 謝ってくれたもん」

笑顔で言うのです。

 

 

なんだか・・

謝ったことが、そんなに記憶に残ることだったんだ。

 

教師や上司はいつも権威を持って。謝るな、という意見もありますが

私は

謝って良かったな。そう感じました。

 

コメントは利用できません。