ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

暦の上では「10連休」

 

とはいうものの、会社の定例の会議や経理、事務、

ここしか時間の取れない役員の方々への企業研修など

連休の折り返しを過ぎると、あっという間ですね💦

週明けからの仕事のスケジュールを眺め

きちんとできるか ドキドキしてきます。

 

今日は憲法記念日(祝日)

 

私自身、「映画」を観に行って気づきました💧

1枚の招待券を頂戴したのです。

その方ご自身が行かれた日、機械故障で上映中止になり

翌日の招待券をいただいたそうですが、予定が合わずに

誰か行けそうな人に・・と、くださったものです。

 

「招待券」と書かれたチケットを受付で出すと、

奥に映画館の経営者らしき男性が立っていました。

私が差し出した券を見るなり

「先日はご迷惑をおかけしてすみません」

とおっしゃいました。

 

(素晴らしいな・・)

 

この券が、機械故障の日の時の代替券なので、忘れずに

改めてお詫びしてくださっているのだと感じました。

経営者としても、その姿勢を見習わなければいけません。

 

 

さて。いただいた映画券は・・・

「誰がために憲法はある」というタイトルでした。

(まさに、憲法記念日にふさわしいなあ・・)と思いながら

内容も知らず、見始めると

それは 原爆朗読会を33年続けていらっしゃった女優の方々、

とくに渡辺美佐子さんという女優の悲しい体験を重ね合わせた

平和への想い、憲法改正への反意、怒り、悲しみの詰まった映画でした。

 

戦争体験のない私ですが、

亡くなっていった、特に子ども達の最後の言葉を伝える朗読に

ホロホロと涙がこぼれて止まりませんでした。

そしてまた、憲法を読み上げる機会は少なく

敗戦直後の日本で立憲された、その文章が、なんというか・・

美しくて驚きました。

 

憲法記念日の祝日なのに、

憲法のことを考えることはなかったので、

偶然ですが、再考する機会を得られて感謝しています。

 

「誰がために憲法はある」

コメントは利用できません。