ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

経団連(一般社団法人 日本経済団体連合会)が

新卒学生の採用活動について、春の一括採用と通年採用との併存を推進する方針を固めました。

2019年4月18日共同通信社

 

経団連は、以前から「新卒採用に関するアンケート調査」など

私も就職活動の参考にしている団体です。

 

今回の発表は、

現短大・専門学校の一年生、大学3年生の就職活動の時期が

ますます早まる可能性を示唆するものです。

 

日本政府は経団連に対して3月の時点で「要請文書」を出していますが

翌月にこの発表がされたということは、要請に対する抵抗とも取れます。

 

混乱を避けたい政府と

優秀な人材を青田刈りする企業、

表面上は政府の意向に足並みを揃える企業と

形骸化を変えたい経団連と

 

企業側・政府・経団連が三つ巴になった結果

この社会の矛盾に 巻き込まれるのは学生です。

 

今後も現実を冷静に注視する必要があります。

 

経団連

2020 年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請について(PDF)

経団連「2018年度 新卒採用アンケート」(PDF)


写真は文章とは関係がありません

コメントは利用できません。