ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

私の就職活動のときの話です。

今から始まる、という時期。電話がありました。

それは高校時代の友人からで

私も志望している企業から内定をもらった、というのです。

コネ(縁故)で決まったと嬉しそうに言う彼女からの電話に絶句して

おめでとう、すごいねーと言ったあと、電話を切りました。

 

「なぜ?」「もう?」「どうして!?」「信じられない!」

世の中の不平等に初めて憤慨しました。

田舎の母にかけ、泣きわめいたのを覚えています。

電話口の母は一言も発せず聞いていました。

 

不平等

 

これから出る社会は 平等じゃない

そのことを突きつけられた瞬間でした。

 

縁故がある人、何もしなくても光る人、運の強い人、才能のある人には

社会のドアは”フルオープン” どうやら確からしいのです。

 

けれど一つの慰めは、それは大多数ではない。ほんの一握り。

頑張れば認められる。それが資本主義社会です。

 

さらに今は、どこにいてもそのチャンスを掴むことができる時代になりました。

こと就職活動においては、「頑張りかた」が重要

まずは期限を守り、書類を出す。

書類を出すために努力する。

努力とは つまり

辛いけれど面倒がらずに、どんどん進む。

周りの人に積極的に意見をもらう。

失敗も悔しさも糧にして、苦労を惜しまない。

ということではないでしょうか。

 

コメントは利用できません。