ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

⚠たわいもないことを呟いております😅💦⚠

 

「メリダとおそろしの森」という映画

北欧が舞台だそうですが、食卓に

2つ歯のフォークが出てきます。

 

今では西洋料理には欠かせないアイテムですが

歴史の上では、フォークは2つ歯から始まったことが表現されています。

 

昔、カトリーヌ・ド・メディシスがフランスのアンリ2世に

嫁いだ際に、フランスに持ち込んだと言われるフォーク

 

不思議なんです。

 

先日、ホテルニューオータニにあるトゥールダルジャンの

パンフレットを拝見しました。

「Marriage」というタイトルのパンフレットですが

その中に、次のような文章が出てきます。

「1582年アンリ3世が、パリのトゥールダルジャンを訪れたとき

ベニスから届いたばかりだという2つ歯のフォークに感動し・・」

 

アンリ3世は、カトリーヌの子どもです。

子どもなのに、フォークの存在を知らなかったはずはありません。

 

あれ?フォークを持ち込んだのは、カトリーヌではなかったの??

 

・カトリーヌ(フィレンツェから)が結婚時、フォークを持ち込んだのなら1533年

・14歳で結婚し、アンリ3世を18歳で出産。

・アンリ3世(アンリ2世の子)が1582年にパリでフォークを知ったのは、31歳。

(カトリーヌは61歳)

 

どういうことだーーーーーーーーー

 

(注)食卓用フォークを広めた一人はヴェネツィアの方だと分かりました。

もしかしたら、ヴェネツィアからのルートの方が、早かったのかもしれませんね。

 

↓解決版

謎フォーク2へ続く

 

 

 

 

 

コメントは利用できません。