ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

エステティックを学ぶ学生のモデルに

行ってきました。

大会があるそうで、顔と足のエステを体験しました。

目を閉じて、耳を澄ませていると

私に向かう店員さんの「声」と細かいタイムや作業など授業の「声」

二つの音が届いてきます。

思わず、「一人のお客様に全身全霊でエステをするって・・・大変なんですね。」

と言うと、講師の先生が「いえ、それで自分が疲れてしまわないようにしないとね。

じゃないと、何十年もエステのお仕事できないでしょ。」

なるほどー。よい勉強になります。

 

さて、お盆に里帰りした際

高校の同窓会がありました。初めてのことです。

恩師であるG先生が、結びにお話をしてくださいました。

「おまえらは、同窓会をしなさすぎる!毎年やれ!」という叱咤(笑)ののちに

「言いたいことは二つだ!」

1 これまで支えられて今がある。これからの人生は恩返しをしなさい。

2 当時20代だった自分は、夜な夜な先生方と飲んで哲学を語っていた。

授業がその延長で、人生哲学のうんちくが多かったよな!授業らしい授業しなくてごめん!

 

驚きの懺悔?に

「そんなことないですよ!」と言いながら、みんなでホッコリしました。

 

なんだかとても 素敵でした。

先生、ありがとうございます。

 

コメントは利用できません。