ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

幼い頃、私の家は 庭師だった亡き祖父が

それはそれは美しい庭園を造っていました。

正門は、季節になると藤の花が2メートルほどの花の門を作っていました。

なんともいえぬ不思議な 紫の構造美に 見とれたものです。

あるとき、花の終わったあるとき。

ふと門を見上げると、大きな毛虫がついていました。

ギャッ!と驚いたのを覚えています。

以来、藤の花を見かけると

どこかで毛虫を探して 恐れる私がいます。

 

私の紫のイメージは そんな感覚です。

 

”聖徳太子”の頃、紫は冠位十二階の最上位の色でした。

西洋でも紫は王のシンボルカラーだったそうです。

なぜか。

西洋で紫色はシリアツブリガイ(別名:ホネガイ)の腸汁で作ったそうですが

1gの紫を作るのに、貝が860個~900個必要だったそうです。

紫作りの前に、貝探しの日々。想像するだけで大変です💦

 

紫の貴さは日本も同じでした。

今でもその名残りはあって、例えば国会で解散文も

紫色の袱紗(ふくさ)で包まれて”入場”してきます。

 

しかし、現在の学生に紫に対するイメージを聞くと

妖艶とか、ストレートに”エロい”と言う学生もいます。

 

紫には深い歴史があるのです。

 

イエスキリストが総督の前に連れ出された際、

失笑するために王の色である紫色の外衣を着せた、という記事を見たことがあります。

(これは根拠未確認です)

フランス人の友人に聞けば、今でも宗派によっては棺に紫色のカバーがかけられたり

司教の服の一部が紫色だったりするそうです。

また、フランス大使館の方に紹介していただいた方からは

紫は王の色であり、ときに腹黒い色という対極の意味もあるとか。

(キリストを裏切ったとされるユダが紫の服を着ていたから?)

 

つまり、紫は

美しく、ときに高貴で、ときに悲しく、時にネガティブな

対極色なのかもしれません。

 

コメントは利用できません。