ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

あじさいって、すごいな。

今日は起業の話です。

 

「売上=平均客単価×客数、利益=売上-経費」

専門書を読んでいると、そんなことも知らなかったのかと

思います。

 

学生に起業の話をするとき,

必ず話すことが2つがあります。

『悩むくらいならやってみたら良い。

もし失敗して転んでも、起き上がったときはまだ30代』

『返せない額の借金はしないこと。

万が一辞めたくなったら、親親族に借りてでも

終わらせるくらいの額で始めなさい。』

 

これは私の体験から出た言葉です。

私は18年前、最初の起業のとき、

自己資金300万と国金から借りた300万で

会社を始めました。

中には、大きな借金をして事業を始めれば

切羽詰まって頑張る、という方もいらっしゃるでしょうが

私はその反対の意見です。

 

商いはすべて接客業です。

お客様に接する人が、毎日お金のことばかり考えていては

穏やかなサービスや、長期的な計画もできないのではないかと思うのです。

 

あれ?

あるいは、私が石橋を叩いて壊す派だからか

主婦だからか

公務員の娘だったから

商売人の勇ましさがないのか

 

わかりませんが・・。

 

 

 

 

コメントは利用できません。