ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

まだ取得できていない1級を受験してきました。

マナー・プロトコール協会

書きたくないくらい情けないことですが、

掛け紙(懸け紙、のし紙とも言われますが)を

選び間違えてしまったり、和室の作法も間違えたり

 

帰りの機内では

教える資格があるのかな

と自省しました。

 

できることは、そんな自分を伝えること

そして学び続けること でしょうか。

 

そして、東京1泊で最も印象に残った出来事は

友人宅のことです。

元プロ野球選手で野球解説者をしているご主人が

深夜1時に出かけていきました。

3時から始まるアメリカンリーグの解説だそうで

「今日は大変になるぞ」と言うのです。

エンジェルスの大谷選手が怪我で”DL”入りした中で

そのチームの試合解説をしなくてはいけないらしいのです。

 

3時。テレビに真っ先に映ったのは、ご主人やゲストの顔、そして

傘を差しているアメリカ人家族の観戦者でした。

アメリカは雨で、試合が中断している中でライブ解説・・

友人曰く、こんな状況でもテレビ枠は決まっているので

何とかしなくてはいけない、きっと大谷選手の録画映像なども

流しながらしのぐしかない、そうです。

 

6時。帰宅して聞いたのは、二時間中断したまま

ずっとスタジオのゲストで話を”つないだ”ということでした。

 

華やかに見える仕事も、たくさんの苦労があるのだと

痛感しました。

 

 

コメントは利用できません。