ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

時々ですが、

言葉が怖くなります。

 

自分の思いをよそに

言葉は口から離れ

他人の物になります。

 

解釈に齟齬(そご)が生まれたり

心配りが行き届かず

自分の愚かさを思い知ったりもします。

グッと手が止まり 書けなくなるのです。

もちろん、たくさん見てくださっているわけではない このブログですが(笑)

 

さて。

留学生の話題です。

授業中、仕事の話になりました。差別、いじわる・・

留学生の中には冷遇されている職場もあるようです。この日本で。

 

そんな中、2名の学生が「ワタシの店長は働き者で、とてもやさしい」と。

よく行くコンビニです。立ち寄ってみました。

私も信頼しているテキパキと働く店員さん、

名札を見るとリーダーと書いていました。

「店長さんですか?」と聞いたら「いえ。何か?」

「いえ💦 なんでもありません!」

私の声を聞きながら、すでに後ろのドアを開けて「店長!」と呼んでいます💦

 

出てきたのは・・・

私と同年代の女性でした。少し驚きながら

「すみません。私の友達の留学生がこちらでアルバイトをしているんですが

店長がとてもやさしいって言っていたものですから・・お礼を言いたくて・・」

 

店長はこうおっしゃいました。

「あー!○○と○○ですね!!私のこと”美人”って言ってたんでしょう!

いつもそう言えって、言ってるんですよ(笑)ハハハ」とボブ髪をかき上げました。

 

なんて素敵な方なのでしょう✨

 

レジで会計をしてもらっていると、

リーダーの男性が袋詰めをしてくれながら言いました。

「でも、ありがたいことですよね。○○達がそんな風に言ってくれるなんて」

(ああ、間違いない。ここの皆は素晴らしい・・)

嬉しくなりました。

 

別のスタッフの女性が、帰り際に

「いつも、栄養ドリンクをくれる先生ですよね?

先生の話をよく○○がするんですよ」というのです。

 

バレた・・

 

「そ、そうなんですか・・。」

「はい。先生はお金持ちって言ってます」

 

!? Why?

私はお金持ち???だそうです。

 

”いつもドリンク買ってくれるね””はい。センセイはお金持ちですね”って。

あー そういうこと!

言葉って難しい。

コメントは利用できません。