ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

マナーを外国の方に教えるのは

とても大変です。

日本語も英語も役に立たないこともあり

世界は広いのだということを また

思い知ります。

 

特に、日本のマナーを在日の方に教えるとき、

テキストがない! どれも不足感があります。

 

「不愉快って どんな意味ですか?」

「なぜ婚約指輪は付けてはいけないのですか?」

「ひげを剃ると女性に間違われるので嫌です。どうして剃らなくてはいけないのですか?」

 

 

イラストや身振り手振りを使って

時には学生の姿を借りて

 

合計44時間💦

先が思いやられますが

頑張ります。

 

そんな中、教えられることもしばしば。

今日はこんなことがありました。

「せんせい、これは私の姓の服です」

思わず聞き直します。

「姓の服?」

(許可をもらったので掲載します。)

ネパールでは姓により正装の服が決まっているそうです。

そして驚くことに、同じ姓どうしは結婚できないそうです。

それは親族に限らずというのです。

つまり、日本で例えると まったく血縁関係のない、

清水A子さんと清水B男さんは恋に落ちても結婚できない。

なぜなら、姓が同じだから。

もしかしたら、ヒンドゥー教のカースト制の名残りかもしれませんね。

日本ではそんなことはないよ!というと、”信じられない”と驚かれました。

 

世界は広いです。

コメントは利用できません。