ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

父はとても厳しい人でした。

今ではすっかり柔らかくなりましたが・・。

 

小さい頃、

父のこめかみが痙攣しているときは、イライラしている証拠

怒らせないように気を遣ったのを覚えています。

 

テレビはNHKの夕方のニュースと天気予報のみ

字を見る時は、必ず手元灯もつけ、手暗がりにならないこと

見る時も座って3メートル離れていないと厳しく叱られました。

こたつは横になって肩まで入ると、ものすごい剣幕で怒られました。

いま思えば、なぜだろう??(こたつ)

 

とにもかくにも

だからテレビはあまり好きではありません( ;∀;)

けれど、作業をしているときは つけます。

スイッチを入れる瞬間、昔のことがトラウマか、

ちょっと罪悪感があります。

苦い薬を飲む時の感覚にも似ています。

 

なのに なぜテレビ? なのか。

 

今は、自分の望む情報を 自分で容易に取りにゆける時代です。

だからこそ、向こうから発信する 普通の日常、老若男女の今

流行をテレビが一番よく教えてくれます。

(へ~)

(そんなことが流行っているのか!)

(ほー)

 

勉強になります。


イラスト いらすとや

許可をいただいて使用しています

 

コメントは利用できません。