ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

プロトコールの話で 国旗・国家について話す講義の時に

アメリカの国歌斉唱での抗議事件やレディガガの国歌の映像を見せました。

便利な時代です。

90分の講義はメリハリをつけて、視覚や聴覚を刺激しながら行わないと

学生は眠くなります。1,2分の動画はとても効果的です。

 

話は戻りまして、国旗・国家の話、

「安心・安全 平和の国 日本では国旗や国歌に思い入れはそこまで強く

ないのかもしれません。けれど、国や立場によって その差はかなりあるのです」

国旗や国歌の扱いは海外の方がいらっしゃる場合、特に留意が必要です。

 

 

講義後、アンケートを読むと

「ガクトの国歌斉唱が上手で素敵です」

というので、その次の講義ではガクトの国歌を見ました。

 

そしたらその講義後のアンケート

「湘南乃風の方がターバンを巻いたまま、国歌を歌って非難されていました」

というので、その次は湘南の風の国歌を見ました。

批判はターバンだけに終わらず、”歌が下手”とか”無礼者”とか叩かれていました。

 

その日のアンケートは

「ケミストリーの国歌斉唱時、トレードマークの帽子を脱いだかどうか

気になりました。」

って。。

 

私も気になって調べてしました。

帽子!!手に持って歌っている!

 

おもいます。

授業って、こうやってコツコツ みんなで広げ学んでいくのが好きです。

来週はケミストリーの国歌を聴くことになりそうです😊

 

 

コメントは利用できません。