ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

ご年配の方から

「交通安全運動のタスキをかけるとき、

右からの方や 左肩からかける方といますが

どちらがよいのですか?」

 

と訊かれました。

 

基本的にはどちらでもよいと思うのですが とお答えすると

「どちらかに統一したほうが 見る方からしても気持ちがよいのでは?」というご意見

 

たしかに。

 

そこで、このようにお話をしました。

「皇族の方が着けるタスキのようなリボンをサシュ(sach)と言いますが

右肩にかけますので、参考にしては・・」

 

【参考】

日本の勲章・褒章の着用

・頸飾章は首から下げて着用

・大綬章は正章を下衣の下に帯び、右肩から左脇へと垂らし

副章は上衣の左胸に着用する。

など

「プロトコールの基本(日本ホテル教育センター編)」

 

※大綬章≒サシュ(sash)

 

コメントは利用できません。