ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

先日の授業でプロトコールの話をしました。

学生の数名しか「プロトコール(国際儀礼)」を知らない現状ですが、

近い将来 必ず必要になると思っています。

 

プロトコール5原則の一つ【序列の重要性】の重要性 を話すために、

昔経験した失敗談をしました。

 

美術館で式典の司会をした時のはなしです。

参列者に大分市長と元内閣総理大臣がいらっしゃいました。

 

『上座に どちらをご案内するか・・・』

その場にいた大人達で騒動になった結果、結局わからずじまい・・・

「そうは言っても、やはり現職が一番でしょう~」と、

大分市長を1番の席にしたのです。

 

会は無事に閉会したものの・・・

気になって気になって

家にあった「プロトコールの基本(財団法人 日本ホテル教育センター編)」を開きました。

 

[参考]

日本・イギリス・アメリカの公式席次

(1)日本の公式席次

1 皇族

2 内閣総理大臣

3 衆議院議長

4 参議院議長

5 最高裁判所長官

6 閣僚

・・・・

10 都道府県知事

・・・

おそらく、市長は18、19あたりでしょうか。

 

 

ここまではおおよそ知っていることでしたが、

最後に ちいさく、こう書いてあったのです。

 

(注)

※上記に含まれていない元内閣総理大臣は

最高裁判所長官の次に配置する。

 

 

(うおーーーーーーーー 5番の下かい💦)

と驚いた はなし。

 

学生の皆さんも驚き、賑やかな学習になりました😊

 

出典元:日本マナー・プロトコール協会「マナー&プロトコールの基礎知識」

コメントは利用できません。