ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

今日は七五三の日です。

先週末に神社の前を通りかかると

駐車場が大渋滞していました。

最近では15日ではなく、都合の良い週末に行うことが多いですね。

 

男の子は3歳と5歳

女の子は3歳と7歳

 

江戸時代頃の平均寿命は38歳だったという説がありますが、

(日経ニュースサイトBPネット 後藤眞氏氏「日本人の平均寿命の変化」より)

その平均寿命を下げていたのは子どもの死亡率の高さです。

それゆえ、7歳までは神の子を授かっているとして大切に育てられたそうです。

「七・五・三」の節目のお祝いは 現在の慣例的な意味合いよりも

大きな大きな感謝の想いが込められていたのかもしれませんね。

 公園の大きな銀杏の木

コメントは利用できません。