ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

初代 千利休の教え 「和敬清寂」について
裏千家 今日庵業躰の中島宗基氏に教えていただきました。

最も印象的だったのは

畳のすり足の音です。

教えて下さった方は 中島氏だけでなく、合計で6名いらっしゃったのですが

男女問わず、すり足の音が いつも耳に残りました。

 

それは私だけではなかったようで、外国人の方が

「どうして そんな音を立てて歩くのですか?」と質問をしました。

 

お弟子さんがこう おっしゃいました。

「逆にすり足をしないということは、大げさに言うと”どろぼう”ということです。

また、すり足の音と湯が沸く音しかない この部屋では ある種のsound なんですよ。」

 

勉強になります。

 

 

コメントは利用できません。