ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

(写真上)バッシングカート

 

非難することを「バッシング」と言いますが、

レストランでテーブルの上の食器類を下げる作業も

「バッシング」と言います。

 

私は「バッシング」という言葉を使いません。

否定的な意味の「バッシング」と日本語は同じだからです。

「あっち、バッシングして!」

何て言う言葉が お客様の耳に入った時、

「バッシング(非難)」と聞こえかねないと思うのです。

 

 

調べてみました。(引用:ウィズダム英和辞典2013年版)

バッシング【bashing】 辛辣(しんらつ)な非難、なぐること、攻撃

バッシング【bus+sing】 バスで輸送(通学)する、(給仕見習いが)テーブルの食器を片付ける。

 

アメリカ英語らしいですが、

給仕見習いの仕事をする人のことを busboy と呼ぶそうです。

元々は 乗り物の ”バス” から派生している言葉だったんですね😊

 

コメントは利用できません。