ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

<引用:日本マナー・プロトコール協会>

 

とうとう衆議院が解散しました。

臨時国会冒頭、盆に載せて紫の袱紗(ふくさ)が重々しく運ばれると

袱紗を広げて、取り出した文書を読み上げます。

「憲法・・・衆議院を解散します」

「ばんざーい! ばんざーい!」

 

おめでたいの?? 私にはわかりませんが、

袱紗のたたみ方でも、解散は「慶事」と捉えていることが分かります。

さて、この袱紗の色について

紫は古来から最も高貴な色とされています。

例えば604年に制定「冠位十二階」では、位は色によって分けられていて

紫の冠は最も格上(大徳)でした。

なぜ、紫なのでしょう。

紫は昔から、天然染料の原料である紫根の栽培が難しく、

色を作り出す時もかなりの時間がかかり、また変色しやすかった そうです。

 

冠位十二階はなくなりましたが、

政治の一コマに、紫の名残りはあるんですね。

コメントは利用できません。