ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

ある中学校の部活動見学に行った時の話です。
5校ほどが集まってバレーボールの練習試合が行われていました。

試合の途中、コーチの大きな怒号が体育館に響きわたりました。
「お前のせいで負けてるんだ!
エース”1番”の価値もない!お前の声が小さいからダメなんだ!
なんだお前は!全部お前のせいだ!」

怒られていた彼女は涙を拭って走りだしましたが、
その後のチームは沈んだ空気のままでした。

コーチングや秘書検定のテキストには
「褒めるときは大勢の前で」
「叱る時は1対1のとき。比較せず。フォローする」
という鉄則が書かれています。

【その位に在らざれば その政を謀らず】
私がとやかく言うのは筋違いですが、ついつい考えてしまいます。

(私なら どうする? 私ならどう言う?)

せめて 一言、

「でも、私はお前を信じてる。」
って言ってあげたい。

コメントは利用できません。