ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

「お熨斗はどうしますか?」

贈答品を買うとき、時折こう聞かれますが、実は少しだけ違っていて

熨斗(のし)とは、実はこの部分☟のことなんです。

いえ、もっと正確に言うと中央にある黄色のヒモの部分。

「あるものを熨して入れるんですが、これは何でしょう?」

学生にクイズを出すと、なかなか正解が出ません。

ヒント

✅海産物

✅縁起物、高価なもの、長寿を意味する

✅熨したもの

「イカ!」「たこ!」「数の子!」

答えが出ないので、イラストを半分だけ書くとすぐに

「鮑!」と正解が出ます。

◎そう、あわび なんですね。

 

古典落語で、この「あわび熨斗」がテーマのものがあります。

鮑は片貝なので縁起が悪いとか、夫婦の布団の下に敷いて熨すから縁起が良いとか

そんな押し問答がおもしろいのですが、それは兎も角も

この”本物の鮑”を使った祝儀袋、一部百貨店で入手可能です。

1枚2,500円程度💧 100円ショップでも買える時代にですよ!

庶民の私は、100円でいいから中身に2400円多い方がいいかなあ😵

コメントは利用できません。