ブログ 日常にある マナ&プロ のはなし

先日のことです。

ある日本語のプリントを見ました。4コマ漫画になっていて

1📖敬語の使い方

2📖「今日はよく晴れております」と言うと

3📖主人公の先生がこう諭します。「きみ!”おります”は間違いですよ。」

4📖「謙譲語は相手を敬う言葉。敬う相手がいないのに、使ってはいけません。」

 

うーん🌀

皆さんは違和感がありますか?

 

このプリントは間違いです。

平成17年文部科学大臣からの諮問について、翌年文化審議会より答申がありました。

「敬語の指針」では、現行の敬語3分類から5分類に進化しています。

これは、従来の古典的な敬語が「固定的な人間関係と密接に関係している絶対敬語」であるのに対し

「相対敬語」化が進んでいる現代社会に合わせたものであり、

以下の文章を見れば、なんとなく分かる気がします。

 

「さて、夜も更けて参りました。」

 

このように、事物について使うものを謙譲語→謙譲語Ⅱ(丁重語)とする

ことになっているのです。

 

私も勉強の途中ですが、敬語も日々進化しているということなんですね。

文化庁

コメントは利用できません。